正解は越後製菓

立場を明確にするのが怖い。

賛成反対とか右翼左翼とか。

物事の二面性が嫌だ。

中立でいたい。

 

だから自分の立場を明確にして意見を言える人は、

何を考えてそうしているのだろうと思う。

自分の立場・意見が正しいのだと、自信を持って言える理由はどこにあるのかな。

 

 

以前、何が正しいのか、何を信じたらいいのかわからなくなった時、

ある人に言われた。

「正しいものを選びたいなら、あいうぉんが『こっちを選べば幸せになれる』と思うものを選べばいい。あいうぉんの幸せは何?」

「何も幸せではありません」

「じゃあ何も正しくなくてよくない?」

 

 

 

テレビでは法案をめぐって賛成反対の審議が行われ、

ネットでは右翼左翼が卑劣な戦いを繰り広げ、

友達同士での喧嘩も、

人はいつも、自分の「正しいと思うこと」に熱心だ。

それが自分の幸せに繋がるから。

 

 自分の幸せ(正しいと思うこと)が必ずしも他人の幸せと一致しないから、

争いが起こるのだろうな。

 

何も正しくなんてないのに。

 

 

でも、何も正しくないのなら、「何も正しくない」という考え自体正しくないんだよね。

さあ何が正解?